マタニティ写真や出産記録をフォトブックに残すポイントは?

マタニティ写真や出産記録をフォトブックに残すポイントは?

妊娠中の姿を思い出に残すマタニティ写真や出産の記録を、フォトブックに残す方が増えています。出産という女性にとって大切なライフイベントを形に残す、とっておきの作り方をご紹介します。

赤ちゃんへ想いを込めて・・・記憶に残るフォトブック作りを

マタニティ写真・出産記録はハードカバーで大切に保存!

妊娠中の姿を写真に残す「マタニティ写真」や、出産の様子をおさめた「出産記録写真」は、子どもが大きくなる度に見返すことのできる大切なフォトブックの1つです。

家族や子どもと見る機会も多いため、ハードカバーで作ることをオススメします。

ハードカバーはソフトカバーよりも外からの衝撃に強いため、何度開閉しても劣化しにくいのが特徴です。

また、中面を守る働きもあるため、紙の破れなどにも強くなり、マタニティ写真や出産記録を長期間大切に保存することができます。

家族計画によって、サイズや価格を変えよう!

子どもが1人がいい、2人以上子どもがほしい、今はまだ先のことは考えていないなど、家庭によって家族計画は様々です。

子どもが複数いるとしても、マタニティ写真や出産記録はできるだけ差をつけないように作るのが良いとされていますので、今後のことも考えて、自宅で保存しやすいサイズを選ぶようにしましょう。

保存しようと思っている本棚やメモリアルボックスのサイズを参考に、サイズを決めるのも良いでしょう。

また、価格もフォトブックのお店によって様々ですので、継続して作りやすい価格帯を選ぶと支出の多い子育て中でも困りません。

汚れ防止ならマットな加工がベスト!

見返す機会の多いマタニティ写真や出産記録のフォトブックは、手垢などによって汚れてしまう可能性があります。

特に、光沢紙や光沢加工のフォトブックは、高級感のある見た目になる一方で、汚れが目立ちやすいというデメリットがあるのです。

そのため、汚れを気にしやすいという方は、絹目などのマットな用紙や仕上げ方を選ぶようにしましょう。

また、背景などのデザインや色も、汚れが目立たないものを選べば、長い年月が経ってもより気にならなくなります。

マタニティ写真や出産記録のフォトブックにおすすめのお店は?

価格もデザインも幅広い「MYBOOK」がおすすめ!

MYBOOKはアメリカのプロフォトグラファー団体から、アルバム部門トップ賞を何度も受賞した経歴のあるフォトブックです。

変色や退色に強い特殊インクの使用によって、長期保存も可能な品質の高さに定評があります。光沢仕上げやつや消しなど、印刷の仕上げ方が好みの種類から選べます。

サイズ、価格、デザインが豊富にあるので、マタニティ写真や出産記録のような複数作る可能性があるフォトブックにも最適です。

当サイトのランキングでも、総合、価格、デザイン、品質と全ランキングにランクインするほど、バランスの取れたお店です。

MYBOOK

MYBOOK
表紙種類
ハードカバー、ソフトカバー
本体価格
2,268円~
納期
注文完了後、10営業日で発送
安心サービス
一人一冊限定お試しクーポンあり

赤すぐコラボの専用フォトブックが作れる「ネットプリントジャパン」もおすすめ!

ネットプリントジャパンでは、出産・育児の大手情報誌「赤すぐ」のインターネット版とコラボし、マタニティ写真・出産記録の専用フォトブックを作ることができます。

妊娠から誕生後2年までを対象とし、厳選された可愛いデザインを選ぶことができます。

超音波写真の実寸サイズスペースが確保されていたり、作成後の手書きにも対応しているため、マタニティや出産・育児の写真以外にもオリジナリティを詰め込むことができると人気です。

赤すぐnetコラボのフォトブックは、一律980円で作ることができますので、家計にも優しいのが嬉しいですね。
※ネットプリントジャパンの赤すぐコラボは、終了いたしました。

ネットプリントジャパン

ネットプリントジャパン
表紙種類
ハードカバー、ソフトカバー
本体価格
180円~
※赤すぐnetコラボは980円
納期
注文完了後、3~4営業日で発送
安心サービス
印刷仕上げ選択可能、初心者でも簡単な編集ソフト

↑PAGE TOP